自己破産お役立ち情報【デメリットについても知っておく】

MENU

すべての債務を免除

お金

メリットとデメリット

債務が多すぎて返済ができないという場合は自己破産という手があります。自己破産は、裁判所に申し立てをしてすべての債務を免除してもらうことです。免責が許可されると税金を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。自己破産にはメリットとデメリットがあります。まずメリットは差し押さえや取り立てといった債務のストレスから解放されることです。合法的に債務を免除されるので、支払いに頭を悩ませたり取り立てにおびえたりしなくてすみます。この効果は手続き開始後から始まるので、働いている場合の給料差し押さえなどはそれ以降されなくなります。また一定の基準以下の財産は残されるので、完全に無一文にならずにすみます。妻や子供にも影響はなく、自分だけで完結できるのもメリットです。賃貸住宅を借りることや現在の会社で働き続けることにも問題はありません。一方、デメリットとしては、いわゆるブラックリストにのることになるので、自己破産から五年〜十年ほどは借入ができなくなります。クレジットカードなども作れません。また一定基準以上の財産は差し押さえとなるので、持ち家を手放したり、車を手放したりする必要があります。そういった意味では生活の形が大きく変わるので、妻や子にも影響を与えてしまいます。官報という発行物に住所氏名が載るのもデメリットといえます。また免責決定を受けるまでつけない職業もあります。自己破産を依頼するには弁護士に頼むのが基本です。弁護士に頼めば着実に手続きを行ってくれます。

Copyright© 2018 自己破産お役立ち情報【デメリットについても知っておく】 All Rights Reserved.