自己破産お役立ち情報【デメリットについても知っておく】

MENU

免責を受ける前に注意

貯金箱

メリットだけではない

自己破産とは債務整理の方法の一つで、裁判所に免責を認めてもらう事で債務も全額免除されます。任意整理と違って債権者の承認は必要なく、裁判所に免責を認めてもらえれば成立します。債務の理由の中には免責不可事由があってギャンブルや投資や浪費が理由の債務であった場合は返済が不可能であっても免責が認められません。免責不可事由があるのは超過債務なっている債務者を救済するだけでなく、債権者側の為にも最低限の公平性は保たないといけないからです。自己破産は債務が免除されるので、超過債務に陥った債務者にとって大きなメリットがありますが、デメリットもあるので自己破産をする前に確認しておかないといけません。まずは自己破産をする事で所有している財産は没収されます。全て没収される訳ではありませんが、規定された額以上の資産は没収されます。自己破産をすると個人信用情報機関に金融事故を起こした事が記録されるので、その後数年間はローンやクレジットカードを利用できなくなります。返済できなくなった債務の保証人の財産も没収されるので、連帯保証人にも迷惑をかける事になります。さらに自己破産をすると就けなくなる職業があるので、職業がそれに該当する場合は今後就けなくなるだけでなく失職する事になります。自己破産をしても戸籍に破産の記録が残るような事はありませんが、官報には自己破産の事実と氏名が記載されるので他人に知られる可能性はあります。

Copyright© 2018 自己破産お役立ち情報【デメリットについても知っておく】 All Rights Reserved.